値引きについて



新車の値引きには時期的に有利な場合や新車発表直後で
値引き額が一律に調整されている時があります。


たとえば新車種が発表され受注の多い場合は納車待ちの
状態になります。

こういった時は値段よりも早く車が欲しいお客様も多いので
、あまり値引きする事もなく車が売れていきます。

ディーラーとしても儲けが出る時なので、ディーラー間で値
引き額に差が出なかったりします。

人気車種の車両そのものの値引きは、すぐに限界になります
ので、付属品の値引きやサービス、下取りで差がでてきます。

またタイプ、色によっては即納できる(即登録できる)車に
ついてのみ値引きが大きい・・・といったパターンもありま
すので確認してみてもいいでしょう。
展示車を交渉してみるのもよいかもしれません。


新車種などではあまり期待できませんが
時期で車の値引きが大きい時もあります。

基本的にメーカーやディーラーは月末までの登録台数を目標
にしています。

ですから月末登録に間に合う月の中〜下旬などに在庫のある
車種について販促手当てがでたりします。

これがそのまま値引きに繋がるので、いきなり5万の値引き
上乗せしてくる事もあります。

値段が折り合わずに何ヶ月も交渉中のお客さんの中にはこう
いった時に営業マンから連絡があり、契約する事も結構あり
ます。

マイナーモデルチェンジ前のメーカー在庫やディーラーの在庫
など、後はメーカーがパッケージした〜仕様のキャンペーン末
期などにもチャンスがあります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。