中古車買取専門と通常の下取りどっちが得?



通常は車を購入し、今まで乗っていた車を下取りに出すのが
一般的なのですが、最近は下取り専門店が増えて選択の幅が
広がりました。

乗っている車の人気や付いているパーツ、年式などから有利
な傾向が見えてきますので、簡単に説明しておきます。
(但し一般的な傾向ですので、すべてに当てはまる訳ではありません)


一般的な新車ディーラー等の場合。

通常の下取りになると思いますが、こういった場合は後付け
のパーツ(オーディオ、アルミ、エアロ等)や現在の市場で
の人気などが下取りに反映されにくく、低年式で通常あまり
評価されないような車が、買取専門店より評価を受ける傾向
にあります。

買い取り専門店の場合。

下取りの場合とは違い、車の人気や後付けのパーツ(オーディオ、
アルミ、エアロ等)による査定の上乗せも期待でき、年式の
新しい新しい車には高査定が期待できます。
逆に低年式の車に対しての査定では評価が低く、車種や年式
によっては買取対象外になる場合もあります。


このような傾向を踏まえて、下取りに出す車が人気車種であ
れば、いくつかの買取専門に査定をお願いしてみましょう。

また低年式の車で、買い取り専門店では評価が低い場合は、
欲しい車種のディーラーを2つ以上回り、下取り評価の高い
お店を探すのも良いでしょう。
更に同系列メーカーの下取りであれば、有利な場合も有ります。

又買取専門に出す場合は、当然納車まで車が乗れない状況に
なってしまうので、「買取専門店に出すほうが有利」とみた
ら、納車まで代車を出してくれる様に購入店に頼んでみても
良いかと思います。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。