新古車はお得?


一応「新古車」について説明しておきます。


新古車とは自動車メーカーにとって重要な「新車登録台数」を
伸ばす為に、ディーラーに今月中の登録に対して数百万円を別途支給
する事でディーラーが自社登録してしまった車。

こうして走行距離0キロの中古車が出来上がります。

これを業界内では一般に新古車といいます。


ディーラーとしては、報奨金で登録にかかる費用をカバー出来るので、
そういった車がオークション会場などに持ち込まれます。


価格面では新車値引き額とあまり差はなく、実売段階での割安感はあまり
ありません。


こういった車は大抵の場合、一番価格の安い軽自動車などに集中しやすく、
もともと値引き額が低いので、より割安感が出にくいと言えるでしょう。


ただディーラー試乗車やデモカーなどは、割安感の高い場合もあるので、
チェックしてみましょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。