中古は何年目がお得?


中古車は当然新車で購入されてから毎年価値が下がって
いきます。


通常は1年経つ毎に30%〜40%ほど価値が減算されていき、
5年経つと価値なしで0円・・・というのが基本です。


実際には、需要により価格が決まるので5年で0円はありえない
のですが、年式の新しい車(特に新車登録から1年〜2年)は
新車購入価格からの減算率は高めになります。


少し例を挙げると

新車購入価格300万の車が、1年後に下取り価格が180万で
実売価格が210万程になります。

ここに市場での人気や色なども加わり10万〜30万の幅がでます。

新車登録から1年しか経ってない訳ですから、走行距離も少なく、
非常に程度が良いと言えるでしょう。


また5年目以降の車は下落率は低く、6年目に下取りに出しても、
1〜2年目ほど下落率は高くありません。

しかし当然年式が古ければ、走行距離も多く、いろいろ不具合がでる
可能性も高くなっていきます。


「いい車が欲しいけど新車は高いな・・・」という方にとっては
1年で300万の車が、210万程にまで安くなる訳ですから、
1年〜2年目の車がお買い得と言えるかもしれません。

ただし人気の車種になると、そう考える人も多くいますので、需要と
供給のバランスで、新車価格とあまり変わらない場合もあるので注意
して頂くと良いと思います。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。