諸費用(自動車税)

もし皆さんが車を購入して、下取りに出した場合。

契約段階で確認しておくべき事項として、自動車税があります。


自動車税というのは皆さんご存知のように、4月1日時点での
所有者(使用者)に対して5月頃に納付書が届きます。


もし5月や6月に車を購入し、新しい車の自動車税は払ったのに、
前に乗っていた車の納付書が届いたらどうします?


全額納付する方がいらっしゃいます。・・・・・・がその必要はありません。

基本的に自動車税は、4月から名義変更が行われた月までの分を
支払えばいいのです。


これを最初の契約の段階で交渉しておくといいでしょう。

例えば、もし5月に購入されたのでしたら、本来2ヶ月分の自動車税が
かかりますが、これをお店側に負担してもらうようにお願いしてみて下さい。

もし1年分納入して下さいと言われたら(まずありえませんが)その必要
はないので、断って頂いて結構だと思います。

お店に了承が得られれば、後は送られてくる納付書をお店に持っていけば
、お店の方で収めてもらう事ができます。

これを確認せずに後から来た納付書を、全額収めてしまわない様に
気を付けてください。(本来は名義変更した時点で返却されるのですが、
中には中々名義変更しない業者もいます。)

大きな買い物なので細かい金額に感じますが、実際納付する際には交渉して
おいてよかったと思って頂けると思います。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。