諸費用(車庫証明)

皆さんが車やお店のサービスに納得すれば、いよいよ契約となります。

私も経験のある事ですが

「お客様は悩んでる最中より、決めた後に隙ができる」

と言う事です。


ほとんどのお客さんは、車が欲しくて買いに来ます。

ですから一旦、買うと決めると満足してしまい、あまり契約書の確認もせずに

印鑑を押していきます。

諸費用に関して質問するお客さんは、経験上あまり居ませんでした。

たまに「諸費用が高い」と言われた時も
「諸費用のほとんどは税金や申請費用だから、値引きできないんです」
というように説明してきました。

実際に税金や名義変更、車庫証明等に費用がかかり、値引きなどは出来ません。

しかしこの諸費用に業者間で結構な差がある事を知っておいてください。

差がでるのは名義変更や車庫証明申請、更に下取り手数料を取る業者さんも
いらっしゃいます。

これには地域による格差などもあるので、いくらだから安い、高いとはいいませんが、
同じ地域でも大きい場合は、車両以外の諸費用で3〜5万変わる事もあります。

自社で登録作業をされる業者さんもいれば、行政書士さんにお願いしている所もあります。
行政書士さんにお願いすると、当然費用がかさむので諸費用が高くなる訳です。

またこの中でも車庫証明などは、陸運局等ではなく警察署の車庫証明係で申請すれば
良いだけなので、自分で申請する事も出来ます。


今回は車庫証明について、実際に行かれる方の為に具体的に話します。

申請には車体ナンバーが必要なので、まず業者さんに聞いてください。
車検証のコピーをもらって来るのもいいと思います。
後、念の為に自宅周辺の詳細な地図のコピーをもらっとくと便利。
          ↓
控えたナンバーを持って、警察署で申請書をもらいます。
印紙を購入し(地域差ありますが、普通車で2,800円ぐらい)
必要事項を記入する。(車検証参照しながら)
周辺地図を記入する。
(簡単な車庫周辺の地図や車の停車位置などを書きます。)
この時詳細な地図のコピーがあれば、それを枠内に張ればOK
          ↓
印紙を貼って提出し、引き換え書類をもらいます。
          ↓
おおよそ一週間以内程で、もう一度警察署に行きます。
          ↓
車庫証明の書類とワッペンを業者さんへ届けて完了です。


業者さんでお願いする場合、高ければ
車庫証明で〜万円取られる事もあります。

難しくて面倒に思えますが、以外に簡単ですので試して頂くと良いかと思います。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。