オークションについて2

前回はオークションの下取りシステムを少し話ししました。

今回は最近よくあるオークション代行についてお話したいと
思います。


オークション代行のシステムは

お客様の希望する車種を聞く→業者がオークション会場で購入


名目どおり一般の人が入れないオークションを代行する事なんですが、
結構高値で購入する事があるのを知っておいたほうがいいでしょう。


今はインターネットで出品状況や価格もお客さんにダイレクトに伝えられ
るので、お客さんも納得で購入するんだと思うんですが・・・・

ここでオークションのシステムをもう一度考えると、業者は絶対売れる車
ですから意地でも落としに来ます。

たいてい代行に頼む時は「いい車を安く欲しい」とお客さんは考えます。

そうやって希望する車というのは、他の代行や中古業者も狙っていたりし
ますから、たいてい競合したりする。
お客さんはどうしても欲しいので落札を指示します。

・・・結果的に高値で落札、でもお客さんはオークションだから安く買え
た気がしてしまうんですね。
他からみれば、高値だけど客が付いてるんだろう。・・と思います。


ここまでは注意すべき事ですが、オークションで車を買ういい所もあります

それは詳細な車の査定がみれる事です。

事故歴から走行、傷や状態・・・etc
結構細かいデータを事前に知る事ができます。

もちろん100%信頼できるわけではなく、オークション会場の検査員でも事故車や走行距離の改ざんでさえも見抜けない場合があり、そこは注意が必要でしょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。